読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

電流 中2理科

[http://
人気ブログランキングへ:title]

電気は不思議で面白いです

中2で学ぶ電流は受験に必ず出てきます

電気は触れたら危ないですし見る事も出来ません

そんな単元では法則をしっかり覚えましょう

 

では何を覚えるかと言いますと

まず直列回路の仕組みをマスターしましょう

f:id:uriuribou:20170402174842p:plain

電流はプラスからマイナスに流れると決められています

(電子が見つかって実際は違ったと言う事になったようですね~)

さて直列回路の法則は

f:id:uriuribou:20170402175237p:plain

A(アンペア) I1=I2=I3 これをこのブログでは簡略化して 1=2=3

V(ボルト) V1=V2+V3  これもここでは簡略化     1=2+3

 

そしてもう一つの回路 並列回路は直列回路の逆と言う事を記憶して

 

A 1=2+3

V 1=2=3

面白いでしょ?なぜそうなるかは知りません

でもこの関係を先ず覚えておけば計算に入った時に楽です

そしてもう一つは抵抗

これは直列回路と並列回路の関係を知れば覚えられます

家庭内の配線は並列回路ですね

だから電球が一つ切れても家中が停電しないのです

さらに直列回路は配線の部分が熱くなるんだそうですよ

なんで配線の仕方で電気の性質が変わるのでしょうかね~

まぁそんなことは中学生は置いておいて

 

並列回路では電気器具より配線部分の方が電気がスムーズに流れるという性格から

熱を持ちにくい

だから安心して壁の中に配線を設置できるんですね

 

長くなりましたが

以上の事を考えてください

抵抗の関係は

直列回路では  全体(R)=R1+R2

並列回路では  全体(R)<R1  全体(R)<R2

よ~くこの関係を考えて!

直列回路は抵抗器が2個あればその抵抗の合計が配線部分に掛かるんです

ドロドロの血液が流れているみたいな感じ

並列回路は?

抵抗器の流れ難さよりも配線部分の方が抵抗が少ない!!!

だから家庭の配線に使われているのよ

 

こんな風に現実の世界に当てはめて考えるようにしていけば

電流の単元が身近に感じられるんじゃないかしら

 

電気の所は何回かに分けてお話していきます

 

問題を解く時は

今日書いた法則をぐるぐる頭の中で回しながら

図の中にどんどん書き込んで式を立てましょう

 

あとこの図を利用してね

f:id:uriuribou:20170403000719j:plain

 

ではまた

次回をお楽しみに

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

 

[http://
人気ブログランキングへ:title]