学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

中1数学 4月の内容から

[http://
人気ブログランキングへ:title]

中学校ご入学おめでとうございます

今まで算数と言われていた教科が「数学」に変わりました

字のごとく数について学んでいきます

だんだん深まっていき面白くなってきますよ

 

さぁ、4月はまず言葉の意味を確認していきましょう

 

どの出版社の教科書でも最初の単元は「正の数・負の数」

ここで確認したい言葉の説明をしますね

 

(1) 正の数(プラス)とは今まで小学校時代に習ってきた数字の事ですよ

   負の数だって中学生になる前から実は知っていますよね

f:id:uriuribou:20170413110913p:plain

毎朝学校に行く前に天気予報を見たり聞いたりしてるでしょ?

その中で出てきていることだから「な~んだあれか!」くらいの気持ちで取り組んでね

 

この時ちょっとだけ意識するのが「符号」と「記号」

今回0(ゼロ)を基準として(出発点として、とか基としてと言う意味)

それより大きい、または温度でいえば零度より高い時の数字にプラスを付けます

この時は符号と呼びます 「+」を今までは足すときに使ってきました

足し算は中学でも高校でも使いますが、その時は「記号」と呼びます

数字の大きさを表すものが「符号」

足し算を表すものは「記号」よ

 

(2)自然数と言う言葉の意味

これはね~簡単に言えば実際の生活の中にある言葉、くらいに考えましょう

ここに1個のリンゴがある、人が1人いると数えるときの数

一応「正の整数」と教えてもらうでしょうが

0.8人の人は存在しないじゃない!

生きている人は体重も身長も違うけど1人と数えるでしょ

その時の数が整数であり自然数と呼ばれています

まあ、小数・分数じゃない数字の事ね

f:id:uriuribou:20170413112442p:plain

日常では上の鉛筆、長くても短くても1本というその時の数字が自然数

 

(3)絶対値

これもね、絶対にある大きさってことね

では単元の中ではどういう事を言っているか

f:id:uriuribou:20170413112924p:plain

原点(0)からの距離のこと

今までだったら0から2目といえば右に2目の所でした

中学に入ったら0より小さい左側にマイナスのメモリが現れたでしょ

そこで「絶対値が2」というとプラス2とマイナス2が当たります

答え方は符号をつけて2数を答えます 例 ±2(プラスマイナス2とプラマイ2)

注)0の絶対値は0だけよ

 

-5の絶対値を求めよなんて問題の時は先ほどの逆

0からの距離を聞かれているんだから

 そのまま 5 と答えます (符号はつけませんよ、気を付けて)

 

いずれ慣れるけど、新しいことを学んだときは覚えなきゃと焦るわよね

こんな時は結構、漢字を訓読みしてみて意味をつかむようにすると分かりやすいです

 

さあ、部活動や生徒会活動など新しい取り組みがたくさん待ってます

中学校生活を楽しんでね~

 

ではまた

先生のお話良~く聞いてね

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキングへ:title]