読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

式の利用の説明の仕方 中2数学

[http://
人気ブログランキング:title]

ここでは書き方を覚えましょう

式の利用は中2の最初の単元「式の計算」の中に出てきます

ここでマスターするのは表し方ね

そんな難しいことではないから大丈夫!

では例題を使ってみます

色を付けて書く部分の書き方を覚えてね!

 

(問)連続する3つの整数の和が3の倍数になることを、文字式を使って説明せよ

 

連続する3つの整数の中央の整数をnとすると、連続する3つの整数

n -1、 n 、 n+1と表される。その和は、

(n-1)+n+(n+1)=3n

nは整数だから、3nは3の倍数である。

よって、連続する3つの整数の和は3の倍数である。

 

この書き方は教科書や参考書に載っていますが

この時大切な事は何か?ポイント3つ

 

①整数という言葉を必ず使う

これは九九の事を表しています。だってね、倍・倍で増えるのは九九の掛け算の事だから!3の倍数とか5の倍数になっていると言う事は、整数を掛けているから3ずつや5ずつ増えるのよ!小数や分数を掛けたらそれなりに増えはするけど3ずつじゃなくなるからね(^_-)-☆

3の段 3✖=3,3✖=6,3✖=9 3ずつ増えているでしょ

くどいけど、ここで言っているのは青で書いた数字の事です!これを例題ではnと置いています

だから面倒でも絶対抜いてはダメよ!

それと計算式で出てきた答のアルファベットの部分だけを使って「〇〇は整数だから」と必ず書くこと(緑色で書いたところ)そしてもう一度計算式で出てきた答えを使って

「〇〇は△の倍数である」と続けること

 

②最後の行に問題を結論として書き入れる

習いたての時は、何をやっているのか理解できない子供さんもいるけど、ここでは数式を使って必ずそうなるんだってことを見せるのね

だから最後にほらなったでしょ!!!と結論を必ず書きます

問題ごとに書く内容は変わりますが、例題に解答で色を付けたところは必ず書きます

決め台詞です!

 

③日本語の文章のルール句読点

こんな事を書いている参考書はありませんが、とても大切な事です。☜

国語のテストの時だけ気を付けるのではなく、文章を書く時の日本語の決まり事でしょ!

どの教科だって必要な事よ、このブログ内では省略してますが・・・

 

今回の例題では連続する真ん中の数字をnに置き換えましたが

最も小さい数字をnとしても良いです!そうすると n,  n +1    ,n+2となります

人と違う事を書いていても、自分が設定したことでどんどん自信をもって書き続ければいいんですからね

副教材などの問題を2・3回は解きましょう

表し方に慣れてね!

 

どんな時も言葉の持つ意味を少し立ち止まって考えるようにすれば、なるほどって解るから

 

この単元で「偶数」「奇数」の事も出てきますね

偶数とは2の倍数、2で割れる数の事(2・4・6・8・10・・・)

これをどう表すか?

2の倍数と言うのは、ある数を2倍するっていう事

例えば 3✖2=6 4✖2=8

奇数に2を掛けると偶数になる。偶数に2を掛けても偶数になる。

だから2を掛ければ必ず偶数になるので 2 m とします

また奇数は2で割ると1余る数の事だからこの事実を数字にすると 2n +1

覚えるより偶数・奇数の性質をちょっと考えて納得してください

 

 

ではまた

ごきげんよう

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキングへ:title]