学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

反響にお答えして、素読の効果をもう一度

[http://
人気ブログランキング:title]

約10年の結果を詳しくご紹介

 

素読に興味を持たれた方が多く、Facebookのコメント欄にも

「やってみたい」と書き込んでくださる方々がいらっしゃいましたので

塾で体験したことを書かせて頂きます!

 

塾は年長から中3までお受けしております。

素読を取り入れてから最長8年やり続けた生徒さん達が巣立って行きました。

 

まず素読をやっていて、声がそろい始めると

とても気分が良くなり、般若心経などの時には

誰かしらが足踏みを始めてリズムをトントンとるようになったりします。

 

セロトニンが放出されて気分が明るくなっているのだと思われます。

 

週2で来ている生徒さん達はどんどん論語などを暗記してしまうので

スケッチブックに手書きで漢詩の論語を用意しました。

返り点など知らなくても、漢詩を見ただけですぐに覚えた論語を朗唱できます。

 

私塾ですから、来るもの拒まず去る者追わずの姿勢でやっておりますので

特別成績の良い生徒さんを選んでいるわけではありませんが

学年で1番になる生徒さん達が出ます。

素読は記憶力が良くなると言われておりますが

確かに結果を見るとそうだろうと思います。

 

年々成績が上がっていくのです。

高校受験の時は誰でもストレスを感じているはずですが

私の所の生徒さん達は15年間全員が志望校に進んで行きました。

不合格になった生徒さんが一人もおりません。

当日、実力以上の力が出たのではないかと想像しております。

 

例えば、それなりのレベルの高校を受験したS君

担任にはランクを下げるように言われましたが

人生において一度きりの挑戦、落ちることを覚悟で受験しました。

S 君より偏差値の高かった子達が落ちて彼は合格できました。

 

中学時代に学年で1番に3回ほどなった事のあるH君は同じ中学でただ一人

静岡県ではトップ校に受かりましたが、入学後最初のテストでは44位

ところが素読を続けた子供はその後、ある時からぐんと成績が伸びると聞いています。

H君は小2から中3まで素読を続けていました。

高校に入ってからはやっていませんでしたがどんどん伸びて

とうとう高3でトップ校でも学年で1番になりました。(報告がありました)

その後、国立の浜松医大に高校からただ一人推薦で進学しており

現在は大学3年になっています。

覚えるべき英単語がすごい数だそうですが、頭に入ると言っています。

 

素読を教えてくださった先生の所では、ご長男さんの娘さん、ご長女さんの娘さんが医学部に進学しています。またご長女さんの息子さんは海陽学園に入られています。

毎日、必ず朝晩素読を5歳ころからやり続けられていらしたとの事、お住まいは屋久島大手の塾が無いので公文に通わせていらっしゃったそうです。初めはそれほどの成績ではなかったとの事ですが、やはり途中からぐんぐん成績が上がり、学年でトップになられたとの事です。そのお話を伺ってムズムズしてきまして、すぐ翌日に本屋さんへ向かい、その日から塾でも始めました。

 

また、小2で始めたJ君と翌年入塾してくれたK君は

入塾するまで(素読を始めるまで)

小学校のテストで100点を取ったことがなかったそうですが

入塾後から100点を取り続けました。

そして二人とも国立の高専に進学できました。

校長先生が二人を校長室に呼んでお褒めの言葉を下さいました。

記憶力と理解力、そして根気も備わったように思えます。

 

現在小6のMちゃんも小5の9月入塾ですが

夏休み前の保護者の面接時、担任より「算数の基礎が入っていない」と言われたとの事

ところが入塾2ヵ月後から算数で100点を取れるようになり、国語も点数が伸びました。「授業中に先生のお話が理解できるようになった」と本人が言っています 。

語彙量が突然増えた感じです。

 

まだまだ手応えを感じた生徒さん達が大勢います。

情緒が安定すると言われる素読

やった回数と年数で確かに違いが出てきているようです。

 

私の所ではまず論語をやります。

安岡正篤さんの外孫に当たる安岡定子著「子ども論語塾」を使っています。

字が大きいので、本を子供の方に向けて置いても

反対側からでも大人が先導しやすい本です。

寿限無もやります、古事記も取り入れています。

般若心経、教育に関する勅語、吉田松陰、125代歴代天皇のお名前

論語以外はネットで調べてワードで打って10人分プリントしてあり

集まった子供たちと声高らかに5~15分やっています。

 

出来ればお家でもやって頂きたいのですが

正直申しますと、良いですねとおっしゃられてもやる親御さんは皆無でした。

 

小学生は高学年になるまで週1です。

それでも根気よく続けてさえいれば結果が出てきます。

ある本で読みましたが、小学1年生のいわゆる頭の良い子と言われる子は

7500語くらいの語彙量があり、成績の振るわない子は2000~2500語

この語彙量の違いが結果に表れているだけで

本当に頭が良いとか悪いと言う事はない!と言われますとその通りだと思います。

先生の話が理解出来ていないので、授業がつまらなくて立ち歩きをしてしまうのでしょう。可哀想な話です。ただその後はみんなそれなりに成長していくそうですが!

 

中2で入塾してくれたMちゃんはとてもまじめで頑張る子でしたが、素読をやっている時は他人事のような顔で、声を出しません。それで一対一で特別にやるようにしてから

やっと伸びてきて、結果的には希望の私立高校に特待生で合格できました。

ごり押しする必要はありませんが、塾では圧倒的にやれる回数が少ないです。

中にはよく知られていることわざも「聞いたことがない」と平然と言う子もおりました

数週間でもお預かりできればいいのにと思う子供さんもいました。

言葉数が少ないのです。何でも返事は「うん、あっそう」ばかり

同級生に馬鹿にされている姿を見ていると切なくなりました。

 

子供さんの将来を考えていらっしゃるでしょう、でしたら今日からすぐに始められますように、たった5分で大きな違いが出てきます。

 

私の好きな言葉

「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」

日本電産の永守重信氏の言葉

 

 

好き勝手な事を書きました、少しでもお役に立てられたら嬉しいです。

 

追記

前回素読をご紹介したときに書かせて頂いてありますが、年齢は関係ありません。

私の母、90歳で実証済みです。

ちょっと長くなりますが、素読を知る前に、脳トレで有名な東北大学の教授

川島隆太先生が監修された100歳のおばあちゃまの訓練の模様を、NHKの教育

テレビで見ていました。その方は寝たきりで、認知症を発症していらして

施設に入っていらっしゃいました。確か九州でした。その施設が川島教授の研究に

協力すると名乗りを上げて、毎日毎日浦島太郎や桃太郎の音読を若いひ孫のようなヘルパーさんとし続けるのです。最初は見向きもしませんでした。そのうち桃太郎など知っている話ですから記憶の中から呼び出されてきて、ご自分で文字を読むようになっていきました。その後、簡単な足し算を取り入れたりしていました。必ず式を読み上げ、答えも声に出しながら書く。それで私も早速5冊メモ帳を買いまして、全ページに1ページ20問ずつ足し算、引き算、掛け算を書き、時間を計っては子供達と競争、素読より先に取り入れています。先ほどのおばあちゃま、3年後には(103歳)伝い歩きでもなく杖もなくご自分で歩けるようになりました。コミュニケーションが取れるようになった映像を見ました。脳は活性化するのだと言う事を知りました。

「環境も肉体も心の影」

ダメだと思う方にはそのように現れ、出来ると思う人にはまたそのように現れているのだと確信をもってお話しできます。

ブログは一方通行なので詳しくは書きませんが、ADHD、自閉症、識字障害(ディスレクシア)、言語障害、吃音、統合失調症と病院で名付けられた子供達の改善のお役に立てました。

「鰯の頭も信心から」科学的検証がなされていなくても、「まずやってみる」この性格が功を奏するのだと思います。(笑)

 

またまた追伸

言い忘れました、昨年5月より

母はすべての病院と縁を切り、お薬も一切口にしないで1年無事に過ごしております。

それは前回ご紹介してありますが、頭部を切って外傷後健忘症になった時から

素読を取り入れ(3月9日からだと思います)、それまで不安を感じるたびに服用していた精神安定剤もいらなくなり、降圧剤もやめてしまいましたが、現在まで正常値を

保っています。便秘もすっかりなくなりました。そのためのお薬が病院から出ておりました。とにかく昨年5月よりお薬は一切必要が無くなりました。

昨年3月からの2か月間が嘘のようです。父のおしものお世話もさせてもらいましたが、その時は全く動けない状態での1年で、大変だったと言えば大変でもありましたが、母は歩けるので全然違った苦労がありました。いまは嘘のような毎日を送っております。何と言っても病院と縁が切れた喜びは格別です。

 

ではまた

ごきげんよう

 

最近小学生のブログの更新が滞っておりますが、また一所懸命やって行きます

またごひいきに!

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキング:title]