学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

相似の図形応用

[http://
人気ブログランキング:title]

後期の定期テストが近づいていますか?

 

うちの塾生さん達、来週テスト組と再来週組がいます

中には毎日来ますという生徒さんもいましたが

でももう予約が入っていますよ~ 残念でした

 

 

さて今回は相似の中に出て来る縮尺について書きます

まず問題から

 

f:id:uriuribou:20171109224705j:plain

f:id:uriuribou:20171109224739j:plain

 

図は丁寧に描くこと!それはもちろんですが

縮尺をどう使うかです

これは地図上で使うものなので単位が重要になってきます

1は地図上で1cmを指します

 

500は実際の長さですが、単位はcmですから

計算して出て来る数字の単位もcmですよ、それを忘れずにね

 

では図を描きましょう

実際の長さの15mはcmに直すと⇒1500cm

同様に20mは⇒2000cm

それぞれに五百分の一を掛けますが、比を使う事も出来ます

 

9月5日に入塾してくれたS君

入塾後初めて来週テストを受けます

いつまでも言うと可哀想ですが

入塾前にあったテストで数学50点満点中「4点」

一所懸命やってきましたが

この問題の解き方をどうすべきか考えて、比例式を使おうと決めました

 

学校の先生の説明の仕方もありますが

縮尺の計算問題には実際の長さを地図上の長さに換算するものと

その逆の地図上の長さを実際の長さに変えるものとがあり

分数を掛けて数字を小さくしたり分母の数字を掛けてみたりするやり方では

当日判断が出来ないとまずいので

比例式で統一しました

 

先ほどの15m=1500cmは地図上では

1:500=X:1500より

500X=1500

X=3

この様に求めていきます

 

では20mは 2000cmでしたから

1:500=X:2000

500X=2000

X=4

これをもとに作図します

 

分度器で85°もくるいのないように描くと

A、B2地点間は4.8cmになります

 

ここでまた比例式を使って実際の長さを出しましょう

1:500=4.8:X

X=2400

さ~ここで注意が必要ですよ

単位はcmですからmに直すのを忘れないように

2400cm=24m

答え 24m

 

小学校で縮尺の問題を習っていますが

理解していなくてももう中3なら大丈夫

とにかく単位はcmですからこれを忘れない事

計算より大切な事です

 

ではテストの準備頑張ってね

 

ではまた

ごきげんよう

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキング:title]

こちらのブログで子育ての事などを書いています

よろしかったら覗いてみてください