学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

時差・世界は広いな(数学)

地理でも習う時差

[http://
人気ブログランキング:title]

 

丸い地球の水平線に~何かがきっと待っているぅ♬

ご存知ですか?ひょっこりひょうたん島

懐かしい~

 

ではなくて、時差の問題です!

 

丸い地球を平たんな紙に書いてあるのですから

地図を見てもイメージしにくいでしょうね

 

こんな問題を持ってきました生徒君

f:id:uriuribou:20180823142939j:plain

 考え方を説明しながら数直線を描いてしまいましたが

地図を見ただけでは地球がぐるぐる回っていることを生徒君はすっかり忘れていました

 

時差もどこから出て来るのか

一つ一つ知識として入れて行かなければなりません

 

まず、お日様の位置を決めてみましょう

f:id:uriuribou:20180823150120j:plain

地球は西から東へ回っています(地図で言えば左から右へ)

360度回るのに24時間

それで1時間で15度回転していると言う事になっています

 

f:id:uriuribou:20180823150333j:plain

ロンドンをスタート地点(基準)として日本は東に135度離れていて

時差は9時間

ロンドンが夜中の零時としたら先に日本の方がお日様に出会っていますから

午前9時です

ニューヨークはロンドンを追いかけています

これから真夜中になります

その離れている位置で時差を計算すると5時間だと問題にも書いてあります

f:id:uriuribou:20180823142939j:plain

まず地球上の位置を知ることですが

この問題は正負の数の問題で

コトバの中から読み取って、数直線が描ければ良いのですが

何でも体験、ニューヨークの位置を数直線に書き込んでもらいました

 

今回の経験でこのような日本語から図が描ければいい訳で

この中1君、以前自分でやった時

何も書かずに12時とだけ答えてありました

この時考えていたのならなぜ12時としたか記憶のどこかにあるはずですが

まだまだ考える事の楽しみを経験していないようです

 

ただ赤字で3とだけ書いてもう済んだと思っている

これがもったいない!

 

 

文章の中の言葉を指しながら数直線を描き数字を入れてみましたら

ニューヨークと東京の時差を恐る恐る14時間?と聞いてきました

 

「はい、その通り」

ホッとしていました

 

そこで東京が17時の時、ニューヨークは何時?

あれあれ~手がまた止まっちゃった

 

数直線を見て考えてみよう

 

6年間ちょっと遊びすぎたね~おほほ

 

なんとなく想像が出来ます

数字を見ると足すのか引くのかはたまた掛ける?割る?とだけ考えている様子

早く国語を取り入れたいな

 

何回か説明して17時と時差の14時間をどう使えばよいかわかりました

引けばよかったのですよね

それで赤字で書いてある3に数字がそろう

 

 

今復習で入塾前にやってあった学校教材の間違えた問題をやり直しています

そうしたら赤ペンで書いた正解も書く位置を間違えてあったり

結構いいかげんが見えちゃった!!!( ;∀;)

まずその思いを修正していきましょう

 

楽しい仕事です

 

 

考えることが楽しくなるまであと少し?

頑張ってやってみよう

 

 

ではまた

ごきげんよう

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキング:title]