学習塾サンクス・ワン中学生教室

小・中学生のお勉強解説

夏休みの読書感想文

塾の宿題やって来ました

[http://
人気ブログランキング:title]

 

今朝は9時から中3のH君

 

 

読書感想文に挑戦しました

前回メモ書きで、良かったところや心に響いたエピソードを書いてきてね

と宿題を出しておきました

 

読んだ本は「二宮金次郎」

f:id:uriuribou:20180806230511p:plain

 

そしてメモがこれです

f:id:uriuribou:20180825105720j:plain

ここからどんな構成にするか検討します

 

ドラマも見ないし本も読まないと言う事ですが

映画は見るとの事

脚本家は最初の場面に細心の注意をはらっているはずです

 

出だしをどう持っていくか、そして着地地点をどうまとめるか

原稿用紙3枚で何を訴えるかをメモから考えて行きました

 

 

予約は1時間

その中で書き終えるのは無理なので

初めから塾で書かせようとは思いませんでした(本人はガッカリかな?)

生徒君が良いなと思ったエピソードの中からつながりを考えて

コトバでこんな風にと伝えました

 

どんな出来上がりになるかは分かりませんが

書くことの楽しさを伝えられたのではないかしら

 

 

毎年救援依頼を出してくる子と逃げる子がいます

メモすら書くことを面倒がるのですが

1回一緒にやってみますと翌年は自分で書けるようになっています

 

①まず本を読む

②記憶に残った事をメモ書き(か条書き)

③メモから出だしと最後の言葉を決める

④途中でどう発展させるか流れを考える

⑤書き始めたら「接続詞」に注意する(同じものばかりにならないように)

⑥文体を統一する(ですます調か、~だ)

 

この様な事を準備したらもう9割がた出来たようなものです

 

 

大切なのは「宿題をすること」ではなく

これを読む人がいることを忘れずに

 

 

H君は日系ブラジル人

二宮金次郎を知りませんでした

そうなるとまた書く言葉が増えます

「日本の超有名人だった、今まで知らなかった」とか

「僕も日本に来て苦労してきたが、両親がいてくれるのでありがたい」とかね

 

他人だから気付くこともあったと思います、アドバイスに頷いてくれました

 

 

もしまだ子供さんが読書感想文を書いていないようでしたら

この土日に数時間付き合ってあげてください

一緒に考えてあげて

先ほどの②~⑥を参考にして頂くと書き易くなると思います

 

一度やって見せますと来年が楽になるから

 

 

では頑張って~

 

ごきげんよう

[http://ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

[http://
人気ブログランキング:title]